こどもがひきこもりになるとき

ひきこもりって他人事だと思っていたら、うちの子が急にひきこもりはじめた・・・
そんな家庭はきっとあるでしょう。
ひきこもりのこどもがいると、親は悩みがいっぱいです。
一つの理由は、「原因が分からない」ということ。

こどもがひきこもりになった場合、親としては少しでも早く学校に行けるようにさせたいと願います。
そのためには学校で起こったであろう何らかの原因を突き止め、それを解決することで問題の解決につながるはずと考えるでしょう。
要するに原因を物理的につきとめ、数学のように解決したいと考えるのが人間です。

しかし、本人に聞いても答えはなく、原因はあいまいで長期化していくのが常です。

子どもがひきこもりになる原因はどんなことが多いのでしょう。

ひきこもりになる引き金は一人一人全く違います。

わかりやすい例を挙げるなら、いじめが存在したり、ちょっとからかわれただけだったり、失恋だったり。

しかし困ったことに、共通していることは、ひきこもりになる子どもたちの多くが、両親に対して心を開けないことが多いと言うことです。
つまり、根本原因はきっかけにではなく、家庭の中の問題の蓄積にあることが多いのです。

両親の不和などが原因で、両親を信頼できなくなった環境。
それは常に抑圧されてきて、両親にさえNOと言えずに育ってきたその環境や、それによって創り上げられてしまった性格。

そのような家庭環境や両親との関係に何らかの問題があるケースが多いと言われています。


親としては「自分たちの育て方は問題なかった、原因は学校などヨソにあるはずだ!」
「誰かが悪いのだ」
と考えがちですが、ほとんどの場合そうではありません。

いちど自分の胸に手を当てて思いを巡らせてみることが大切です。

ひとてまいの購入は安心の公式通販で!

こどもの野菜嫌いをサポート!ひとてまい

関連記事

  1. 栄養価の高い野菜は?
  2. 子供の野菜嫌いの対処法
  3. 野菜嫌いを何でカバーする?
  4. 野菜嫌い いつかはきっと食べられる
  5. ひとてまいでダイエット
  6. ひとてまいの健康コーポレーション会社概要
記事一覧